ビジネスパートナーは、成功のために必要か?【選ぶコツ】

ビジネス

おすすめ

どうも、あきたです。

ホンダ、パナソニックなどの有名企業の
社長さんたちには必ず腹心とも言える
パートナーが存在します。

「成功者たちを見ていると、全員
パートナーがいるのですが、やはり成功には
パートナーが必要なのでしょうか?」


と、質問を受けます。

なので『ビジネスパートナー』について
少し文章を書きました。

9秒で読める自己紹介

高校生(17歳)の頃にネットの
ビジネスに参入し、3ヶ月で独立。

現在も、学生起業家として数々事業を手掛けています。

ビジネスパートナーの重要性

パートナーがいると成功は
加速する事は間違いありません。


利益も半分になりますが
出費も半分になります。

ストレスも半減します。

精神的、肉体的、金銭的にも
パートナーがいた方がはるかに
楽になります。

パートナー選びのコツ

まずパートナーを選ぶコツですが

『自分と異なる適性を持った人』

を選ぶと、成功が一気に加速します。

あきたのビジネスパートナー

例えば、僕には『せい』さんという
パートナーがいますが、彼は
情報収集に長けていて、異常な人脈から
通常では手の届かない情報を手に入れています。

ですが僕は、
情弱と呼ばれるほど『情報』の分野が
‟超”がつくほど不得意です。

代わりに僕はマネタイズ力や直感などの
能力が高いためせいさんとはバランスの取れた
良い関係でいられます。

お互いの得意分野を提供し合い
お互いの不得意分野をカバーし合って
います。

パートナーの誤った選び方

パートナー選びをする時、人はどうしても
『自分と似た人』を選んでしまいます。

理由は簡単で「気が合うから」です。

しかし似た人と同じ仕事をしても
大抵うまくはいきません。


なぜならスキルが似ているから。

これでは同じ事しかできませんし、
怒るポイントも一緒なのでお互いの感情を
カバーし合う事ができません。

『自分と異なる適性を持った人』

これはパートナー選びをする時の大原則です。

その上で言います。

「成功するためにパートナーは必要か?」

ですが・・・

答えは「NO」です。

正確に表現するなら、

『まずは一匹狼で成功して
あるステージまで来たら
パートナーを見つける』


のが正解だと感じています。

焦ってパートナーを組んだ人の現実

最初からパートナーを捜している人で
うまくいってのを見た事がありません。

最初は少しうまくいっても、結局は
他人に依存しているので、パートナーに
何らかの問題が起こったと同時に
堕落していきます。

一匹狼で成功する前からパートナーを
捜そうとするのは、やる前から

「私には自信もスキルもありません」

と宣言しているのと同じ事です。

パートナーシップの本質

パートナーシップは「仲良しこよし」の
馴れ合いで起こすものではなく、一人で十分
戦える者同士が、更に上の成果を求めて組む事です。

お互いの傷口を舐め合うために
不安をカバーしてもたうために
組むのではありません。

『まずは一匹狼で成功する』

これがクリアできた時、

そして更に大きな目標が出来た時、

必要なスキルを持ったパートナーが
自然に引き寄せられます。


パートナーをくみたい気持ちは解ります。

僕も同じ気持ちでした

僕もビジネス始めて不安だった頃は
コンビで成功した人達を見て

「やっぱり成功するにはパートナーが必要だ」

と、いつも思っていました。

しかしコミュニティという環境で
仲間と競い合っていたのでパートナーを
捜す余裕がありませんでした。

そして僕のパートナーは
このコミュニティの参加者の一人でした。

いま思えばこうやってがむしゃらに
ビジネスを行えた環境があって
ラッキーだったと心から思います。

よくよく考えるとパートナー無しで
成功した人の方が多い事に今になって
見えるようになります。


パートナーが欲しい

と思っている時は、コンビで成功している
成功者しか目に入りません。

しかし冷静に周囲を見渡してみると
そうではない事に気がつきます。

人は自分が欲しいものだけしか
目に入らないように出来ています。


もしあなたが成功する前から
「パートナーが欲しい」と
思っているのであれば、少しだけ
冷静になって周囲を見渡してみて下さい。

どんな成功者も最初は1人です。

一匹狼です。

ある程度のスキルや成功を手にしてから
腹心やパートナーを見つけていっています。

一匹狼で成功する

パートナーは目標が大きくなるとともに
自然に引き寄せられます。

『まずは一匹狼で成功する』

是非、このマインドセットを
大切にしてみて下さい。

あきた

コメント

タイトルとURLをコピーしました