マジで無駄⁉ クレーム対応する必要がない理由【学生起業家】

情報ビジネス

おすすめ

どうも、あきたです。

今日はTwitterを触っていて
目に付いた投稿があったので

その事について語っていきます

その投稿というのが

===============
アンチが湧き過ぎて耐えれない
精神崩壊しそう

もう、やめるべきかな?
=============


というモノです。

アンチ対応はマジで無駄

言われた言動1つ1つに
心が揺らいでしまう気持ち
はよくわかります。


ですが、考えてみて下さい…

アンチってどういう人がするのでしょう?

本気で自分を潰したいと思っている人?
本気で自分に敵意を向けている人?
本気で自分を恨んでいる人?


全て違います。

その場の感覚で一瞬だけ自分を嫉んだです。

というか、
アンチする人は誰にでもアンチします。

核心をつけば
アンチする事に酔いしれているのです。

他人を否定し、自分が肯定された気になっている…

これがアンチの実態です。

なので、
アンチは心の底から思っている事を
言っているわけではないんです。


それでも、
する側は軽い感覚するのですが
されている側は本気で悩んでしまう。


だからアンチは問題なのです。

ですが、これに関しては
アンチに自分を慣れさせるしかないのです。

僕も、もの凄い強烈なアンチが付いた時があり
一時期、死にたくなるほど

精神が崩壊しかけました。

ですが、僕が立ち直れたのは
一度、そのアンチに立ち向かったことがきっかけでした。

当時に僕をボロクソに
言っていた人に直接連絡を取り

『罵詈雑言全て直接聞きますので一度電話で話を聞かせてください』

と、少し怖かったですが
言ってみたのです。

そしたら、
「いえ、辞めておきます。すいませんでした」

と、返信が来たのです。

『雑魚ッ!弱ッ!』って感じですよね(笑)

何回かは会話続くと思っていたのに
一言でコレです。


結局アンチする人は
どんな人かって言うと…

(勝手な妄想)
=============
自分の生活が上手く行っていなく
禄に働きもせず、一日中コーラ飲んで…お菓子食べて…
YouTube見て…ゲームしているニート
==================

です。

だから実際に話すことを嫌がり
実際は心が弱い人ばかりなのです。

まぁ言い過ぎかもしれませんが
僕はこのようなイメージでアンチを見るようにしてから
アンチされても『可哀想に…』と思える
ようになりました。

目だって頑張る奴には必ずアンチが湧く

僕の場合はアンチが付き始めたのは
ビジネスが上手く行き始めたころでした。

これからの時代、
YouTubeを始めたい!ブログで稼ぎたい!

という人が、必ず増えてくると思います。

ですが、そんな人たちは必ず
このアンチというにぶつかる
と思います。

ですが、
覚えておいて欲しい事は、アンチは

目立ち始めて…
『これから頑張ろう!』としている人たちに
必ず付いて来ます。


「じゃあ見に来なきゃいいのに!」って思ったり
腹が立つことも多いでしょう。

でも、
そこを『訓練場』だと思えるようになって下さい。

どこまで有名になっても
どこまで人気が出てもアンチは必ず湧きます。

その度に辛い死にたい!』だなんて
思っていては精神が持ちません


なので、「絶対成功するんだ!」という一心で
無視し続け、アンチという壁を越えて行って下さい。

それが、有名になって成功する人達の‟”です。

成果出るまで肯定意見だけ取り込め

ある程度の成果が出てくるようになったら
肯定的な意見も増えてきて…

強い精神力で生きていけるのですが

どうしても、成果の出るまで
アンチに目がいってしまいがちです。


その対処法としては
肯定的な意見だけを取り込む事のほかありません。

アンチの中に
改善点やアドバイスなどの意見もあるので
それは見逃さずに自分のモノにしていくべきなのですが…

アンチにはとことん目を向けず
肯定意見に目を向け、自分の長所を伸ばしていく。


これさえ繰り返していければ
必ずアンチという壁は越えれるでしょう。

それでもアンチに
気を取られそうになったら…

➤アンチに使う時間は無駄
➤頑張っている奴の周りにアンチは必ず湧く

という言葉を頭の中で唱え

先ほど話した
アンチのイメージを思い浮かべてみましょう。

もし、この記事を読んでいる方の中に
絶賛悩み中という方がいれば、是非参考にしてみて下さい

最後まで読んで頂きありがとうございました。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました