【必見!?】1時間“9000文字”『タイピング学生』のタイプ練習法

情報ビジネス

おすすめ

どうも、あきたです

今回は、

======================
パソコンを買ったのですが

ブログを書くために速くキーボードを打てるようになりたいです!

何かやり方を知っていたら教えて下さい!
==========================


というメールが来たので
少し、ビジネスとは関係ないですが

今回は、
“あきた”のタイピング術についてお話していこうと思います


僕自身、高校生でパソコンに向かう事が多くなり
友達とも競ったりしながらタイピングの練習をしていたので

その頃の記録で、1秒で2.5文字…
1時間で9000文字くらいのタイピング力はありました


恐らく、それ以降もずっとパソコンに向かっていたので
今では、1万文字は余裕で超えている事だと思います

そんな僕がタイピングについて勉強した量は
YouTube動画1本のみです


と言っても、
ごく普通の『スタートポジション』と
『カバーキー』についての動画です


正直、独学でこのくらいのレベルは
誰でも習得できるでしょう



この記事では
技術的なお話は一切しません

全て経験から、どういうルートを通れば
すぐにキーボードを見ずに脳死でタイプできるように
なるのかというお話をしていきます

タイピングを馴染ませる最短ルート

まず最初は
スタートポジション』と、一つ一つの
指の『カバーキー』を覚える必要があります

タイピングを始める人で
この2つを学ばず完全独学で、全ての指で
全てのキーをカバー
しようとする人が多いのですが

覚えたら分かるのですが
ミスタイプが異常に多いです

最初の頃は僕も
やってしまっていた行為なのですが…

この2つを覚えるようになってからは
忙しなく指を動かすこともなくなり、
楽にタイピングできるようになったし

何よりタイプ効率も『ドンッ!』と上がりました

なので、まずは『スタートポジション』と
指の『カバーキー』を覚えましょう

この2つを、覚えることが出来たら
次に、どんどん体に染み込ませていくのですが

僕自身、本当に
これのおかげでタイピングできるようになった
なと感じるのは、『タイピングサイト』です

タイピング練習と調べると
多くのサイトが出てくると思います

その中でも僕が使っていたのは
ベネッセ』と『寿司打』の2つですが

正直、何のサイトでもいいと思います

サイトで練習する事の良さは
とにかく、ゲーム感覚で学べるという点です

実際、運動にまつわる研究

ゲーム感覚で練習したチームと
普通の練習したチームでは

上達率に4倍の差が出たという結果が出ています

これには
競争心と、上達が数字や目に見えてわかる
という2つの理由があります

なので、
タイピングもサイトで練習すると
異常に上達率が変わってきます


後は…

少し根性論にはなるんですけど
とにかく、頭が慣れるまでは一度も
キーボードを見ない
という事が重要です

僕がキーボードを見ずに
タイピングできるようになった練習法はコレです

もしかしたらタイピング教室などでは
もっと簡単な覚え方があるのかも知れませんが

僕はこのやり方で始めて3日くらいで見ずに打てるようになりました

というと、エビデンスなしでやっているわけではありません

では
なぜこういう練習法をしたか?

それは、
人間の反復練習に対する
脳の処理
を知っているからです


人の脳には
毎日行っている行為の重要度というものを
認識する機能が備わっています


そして、その機能はとても強いもので
どんな行動でも毎日2時間を1週間程度するだけで

脳の指令で体が動いてくれるようになります

もっと早く覚えさせる技術などもあるのですが
今回は、その話は置いておいて…

とにかく
こういう習性を使ってタイピングを練習すれば
覚えるのは、ほんの一瞬
です


是非、試してみて下さい

最後まで読んで頂きありがとうございました

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました