営業電話の極意:

自己啓発

ゴミ知識全て捨てろ…




どうも、あきたです。

みなさんの中には制約を取るために
営業の電話を行う人も多いのではないでしょうか?

最近は多くの営業ノウハウがでてますが、
全て的外れすぎます。

多くのノウハウを見てきましたが
良い人で成約率40%程度…低すぎます。

僕は最低50%以上は保ってます。


難しいことは一切していません。

ただ皆さんが難しく考え過ぎているだけです。


なので今日は僕の営業の極意を
紹介したいと思います。


先に結論を言ってしまうと…
営業は単純で『感情論』です。


ビジネスは感情論でやるなと言いましたが、
営業は全くの逆なのです。


考えれば当たり前の事なのですが、
相手がいる中で感情無くして話しても
ただのおかしい人ですよね?


そして、
人は熱い人に弱いので
営業は感情論になります。

全てを解決


小手先のテクニック何ていりません。


売り込もうとしている時点で営業に向いてないです。


とにかく、
相手の悩みを聞きだして…解決して…全てをキレイにしてあげる。


これだけで自然とお客さんが近づいてきます。


いいですか、商品は売り込まないで下さい。


最低でも1時間電話するのであれば、
最後の15分までは一切自分の商品の説明をしてはいけません。


これが基本です。


とにかく最初はお客さんとの信頼関係
の構築
に着手します。


世間話を2つくらい入れた後に
30分から45分間は電話相手の問題を聞き出して


全て解決させてあげて下さい。


これが出来ている人が非常に少ないです。


元々商品を押し売りしている時点で
ゴミ商品確定だし、ただ自信がない…売らなきゃ…


という気持ちが見え見えでお客さんからしたら
危ない人という印象しか受けません。

エンターテイナー


営業マンは〝エンターテイナー〟です。


ワクワクさせた人が勝ちます。


なので、とにかく価値提供…価値提供…
を電話で行い、


相手が自分の商品を求めてこなかったら
自分はそれまでの人間という事です。


相手がワクワクしていたら自然と買ってくれ
売り込むなんてことはいりません。


感覚的には、


信頼関係を築いて…価値提供をした後に…
『夢』を売るという感じです。


なので、本気で相手の事を思い
相手の立場になって悩んであげるという事が
大切です。

ちょっとした営業テクニック


営業で一番大事なことは、
信頼構築です。


が、


テクニックも持っていれば
成約率はもっと上がるでしょう。


なので、ちょっとした
簡単に実践しやすいテクニックを
教えておきます。

1.マイナスからプラス


ワクワクという感情は、


落ち込んだ時には作れません。


そして、
ずっとプラスでも感情の変化は少ないです。


なので電話の会話では全て
マイナスの話からプラスに変えていくと
相手の感情が動きやすくなります。

2.問題を掘り出す


話をしている内に、


相手の立場になって考えて上げれると
相手の不安や、恐怖の部分を見つけることが出来ます。


それを見つけて解決する事で
非常に高い信頼構築が出来るようになります。







最後になりますが
・絶対に商品は売り込まない
・信頼構築に全てを掛ける


この2つに意識して電話してみると
成約率は格段に上がるので


是非実践してみて下さい。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


ン、ギモチィィィィィィイ

                あきたの無料メルマガを読む                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*お名前(姓)
*メールアドレス

    あきたの無料メルマガを読む     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*お名前(姓)
*メールアドレス

自己啓発
あきた

コメント

タイトルとURLをコピーしました