【情報発信の極意】全人類の思考を殺せ…

自己啓発

どうも、あきたです。

『情報発信やってるんですけど…稼げなくて…』
と質問を頂いたので、

今日は情報発信の極意をお話していこうと思います。

稼げている人と稼げていない人の差はたった一つだけです。

それは見込み客を、

〝思考停止状態〟にできたかどうか。

時々、知識量がずば抜けている
という発信者はいますが…

多くの発信者はほとんど同じ知識を
話しています。

そこで勝ち抜く人はみんな、
見込み客を思考停止にしています。

思考停止状態

情報発信のほとんどがやっているTwitterで例を出すと、

中学生でもそれを見た瞬間に内容を理解できる
というツイートに出来ているかどうか

という事です。

いいですか?

別にカッコよさ何ていりません。

オシャレさもいりません。

自分のツイートを読んで人が「どういう意味?」
と思った瞬間にスクロールされてしまいます。

目にとめて内容を一瞬で把握させることが大事なのです。

目を止める単語

前述しましたが、
情報発信は目を止めるツイートでなければいけません。

ですが、そこら辺の人と同じ内容のツイートで
目を目をとめて貰える訳がありません。

そこで皆さんに1つ技術を身につけたいと思います。

これは人間の心理を突く極意です。

それは…

強烈単語

強い単語を入れるという事です。

多くの人のツイートは僕から言わせれば
生ぬる過ぎで情報発信にすらなっていません。

まずは、
『この人は何が違う』

と思わせられるかどうかで、その後の成果に
圧倒的な差が出ます。

1行目に…

強烈な単語はツイートの初めの方に
入れておくとすぐに目を止めて貰います。

基本的に新規客は、

1.100%見ない
2.100%読まない
3.100%信じない

です。

これを知っている人は皆
最近の情報発信者は生ぬるいと言います。

アンチを付ける勢いで、強烈なインパクト
を与えられる人間ほど、真の情報発信者
なのです。

この3つの原理から、ツイートは1行目しか見ない
と思っておいて下さい。

なので最初の方に強烈な単語が必要なのです。

強烈単語とは…

強烈単語のイメージが付きにくいという方もいるので、
少し例を出しておきます。

強烈単語)
・殺す(殺害)
・自殺(死ぬ)
・暴露(吐き出す)
・継承(伝授)
・S〇X(交尾)
・オ〇ニー
・極意
・極秘(秘密)
etc…

これくらいです。

このタイトルもそれを使っています。

なので、ファーストインパクトでこの記事を
見てくれている人が多いのではないでしょうか?

そしてもう一つ最後に覚えて帰って貰いたいことがあります。

それは、
『こうした方ががいい…』

などと、微妙なニュアンスで
啓発している人がいますがマジで甘過ぎます。

ーーーーーーーーー
・嫌われたくない
・人の目が気になる
etc… 
ーーーーーーーーー

そんな恐怖心からこのニュアンスになっているのだったら、
今すぐ情報発信者辞めてください…向いてないです。

情報発信者の微妙ニュアンスの啓発はただの独り言です。

なので、
『絶対にこうであるべき』
「今すぐしろ」
『やらない奴は死にます』
「やらないなら辞めちまえ」

このくらいは言えるようにならなければ、
話になりません。

もっと強烈に、力強く発信していってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日も1日稼ぎまくりましょう!

ン、ギモチィィィィィィイ

                あきたの無料メルマガを読む                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*お名前(姓)
*メールアドレス

    あきたの無料メルマガを読む     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*お名前(姓)
*メールアドレス

自己啓発
あきた

コメント

タイトルとURLをコピーしました