メモの魔力

自己啓発

どうも、あきたです。

今日は一昨日の予告通り正しい
『メモの取り方』について
お話していきます。

一昨日は「メモは取るな」と言いましたが
『正しいメモの取り方ができないくらいなら』
という言葉が隠れていたんです。

メモを正しい方法で行えるようになれば、
インプットしたものが確実にあなたの経験
として身につけることが出来ます。

簡単に言うと成功者の行動パターンや、
テクニックを丸々実行できるようになるのです。

このメモの取り方を身につければ、
確実に成功者になる道を歩めるのです。

実際showroomを設立した前田裕二さんが
このメモの取り方を編み出したのです。

そして前田裕二さん自身がこのメモによって
成功を手に入れた本人なのです。

前置きを長々をお話していても疲れてしまうと思うので、
実際にメモの方法についてお話していきます。

「記録メモ」『知的生産メモ』

メモには下記の2種類の取り方があります。

「記録メモ」:目の前の事を文字で表すメモ(一般的)
『知的生産メモ』:創造的なメモ〝応用を考える〟

そして、一昨日メモを取るなと言っていたのは、
多くの人が「記録メモ」のみしかできていないからです。

「記録メモ」に『知的生産メモ』を
入れるだけで異常なアウトプット性が生まれ

その人の体験・知識が、まるであなた
の物であるかのように身についていく
のです。

『知的生産メモ』のメリット

メリットは、数え切れないほどありますが
僕がこれは凄いと驚いた2つ紹介します。

・情報が異常に入りやすくなる
・話し手からより深い話を聞きだせる

情報が異常に入りやすくなる

前述でもお話してきたように、

『知的生産メモ』を取ることによって
まるで成功者の体験が自分の物のように
頭に記憶されます。

話してからより深い話を聞きだせる

『知的生産メモ』をする事で、
深い話を聞きだせます。

やってみると感じられると思いますが、

応用を考えてみると、「記録メモ」
では絶対に生まれない質問が出てきます。

それが核心の話だった、何て事もよくあるので
圧倒的に深いお話を聞きだせるようになります。

さらに、その質問によって成功者の方と仲良く
なれたというお話も聞いたことがあるので、
濃い人脈作り
にも繋がります。

メモの3ステップ

実際の『知的生産メモ』の取り方
についてお話していきます。

その前にノートを用意して、
半面で使うのではなく1面全て
使える状態にしておいて下さい。

そして右のページを縦半分に
線を入れてください。

これでメモを取るための
ノート作りは完成です。

〝メモの3ステップ〟

として、3つの要素でメモを取っていきます。

1.ファクト  →  「記録メモ」
2.抽象化   →  『知的生産メモ』
3.転用    →  『知的生産メモ』

です。

1つ1つの説明をしていく前に、
1面の使い方・配分を説明しておきます。

ファクト:左ページ
抽象化 :右の縦線の左側
転用  :右の縦線の右側

では、
一つずつ説明していきます。

ファクト

ファクトとは、一般的に皆さんがやっている
「記録メモ」の事です。

説明しなくても大体予想はつくと思うので
次に移ろうと思います。

抽象化

抽象化とは、
〝具体的な事実から法則を見つける〟

という事です。

法則と聞くと難しそうと思うかもしれませんが
例を見れば簡単にイメージがつくと思います。

例)「メモの魔力を聞いて」➩
  『アウトプットが出来ないと意味がない』

というような感じです。

お話によっては法則を見つけるのが難しい場合も
あるので、正直考えなくても良いと思います。

ですが、できた方が絶対的な効果に繋がるので、
いずれできるようになると、素晴らしいです。

転用

最終ステップです。

転用というのは、
・具体的なアクション
・自分に落とし込む

を考えるものです。

この工程ができるかできないかで、
メモの威力がもの凄く変わってきます。

イメージ的には、

「記録メモ」   →  ただの紙切れ
『知的生産メモ』 →  圧倒的な知識

という感じです。

そして、応用を考えたら
1日・1度でも良いのでそれを
試してみてください。

1度体験する事でその良し悪しが
分かります。

その後は、
良いと感じたら続けて、
意味ないと感じたら辞めればいい話です。

でも、応用してやらずじまいにしてしまったら
折角の成長が無くなってしまいます。

なので、1度でもやってみるという事を
心がけてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

                あきたの無料メルマガを読む                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*お名前(姓)
*メールアドレス

    あきたの無料メルマガを読む     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*お名前(姓)
*メールアドレス

自己啓発
あきた

コメント

タイトルとURLをコピーしました